teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


Re: 演奏のお願いです

 投稿者:HP管理者  投稿日:2011年 7月18日(月)22時05分17秒
返信・引用 編集済
  > No.6[元記事へ]

岡山協立病院 院内保育所こばと園さんへのお返事です。

演奏依頼ありがとうございます。HPの更新状況と同じく、正直活動があまり出来ていません。というのもメンバーの仕事の多忙、病気等で集まれていません。ですが落ち着いてきたので、活動再開を話し合っているところです(個人個人ではそれぞれ独自に演奏活動を行っています。)。但し9月の平日の夜は仕事上の関係でかなり厳しく訪問演奏は出来ない状況です。
土曜,日曜,祝日での演奏依頼で、日程があえば喜んで訪問させて頂きます。

HP管理者 fwny1089@yahoo.co.jp
 
 

演奏のお願いです

 投稿者:岡山協立病院 院内保育所こばと園メール  投稿日:2011年 7月14日(木)14時40分46秒
返信・引用
  はじめまして。岡山協立病院院内保育所 こばと園の尾崎と申します。
数年前にも岡山の重井医学付属病院の院内保育所の方にも演奏に来ていただいてると思うのですが、今も演奏の活動をされていますでしょうか?

この秋にこちらこばと園でも行事がありその時に生演奏をお願いしたいのです。
日程は今年の9月16日(金)時間は19時ぐらいになるかと思います。
(はっきりした時間は分からないのですが夜です)

こばと園は保育所なので1~5歳のお子様で10名ちょっとと
保護者の方10名少しです。その方々が演奏を聴きに来られます。

生演奏は3~4曲ほど秋の曲の演奏をお願いしたいです。

ご検討下さい。

ご都合のよいとき返信下さいませ。

よろしくお願いいたします。

こばと園
 

(無題)

 投稿者:管理人H  投稿日:2008年 6月12日(木)21時53分17秒
返信・引用
  マンボウさんへ
お久しぶりですね。又ご一緒に演奏しましょう。
 

ご無沙汰しています(^^♪

 投稿者:まんぼう  投稿日:2008年 6月 2日(月)20時37分18秒
返信・引用
  感楽喜俗韻の皆様、大変ご無沙汰しています。
ステキなHPが出来たんですね~。
私は昨年末から、月一回のリコーダーのレッスンに通い始めました。
リコーダーも、音楽も、本当に奥が深いですね。
先生の言われることを理解するので、毎回頭がパンクしそう・・・。(^_^;)
でも、やっぱりリコーダーは楽しいです。
あ、それとスズキのアンデス25F(吹奏鍵盤笛)を買いました。
結構、楽しいです(*^^)v

http://ameblo.jp/doikki123/

 

Re: 名前の由来

 投稿者:管理人H  投稿日:2008年 2月20日(水)21時27分12秒
返信・引用
  > No.2[元記事へ]

幻楽喜俗韻さんへのお返事です。

名前の由来ありがとうございました。
A氏より名前の由来を詳細に聞いていなかったので…
よくわかりました。
 

名前の由来

 投稿者:幻楽喜俗韻  投稿日:2008年 2月20日(水)14時47分57秒
返信・引用
   感楽喜俗韻の名前の由来は遡ること10年以上になります。

 当時、ソロや臨時ユニットで活動していたA氏を、我々「幻楽喜俗韻」のステージにお招きするに当たり、どうも名前より何か、A氏の駄洒落ベルに合致した呼び名はないものかと思案した処、「兄弟舟ならず兄弟団体だし…」という理由から、弦楽器ではなく管楽器の集まりなので「幻」を「感」に替えたことに由来します。

 そのためか、感楽が、管楽に誤字表記されてしまうことも多いようです。

 しかし、この名前の基になっている「幻楽喜俗韻」の名前の由来は、漢文の如く返り点を用いた五言一句で構成されていて、「俗世間の人々の心に潤いを与える、喜びや楽しみのような、儚き幻を、希望を持って韻い伝える」という使命を示しています。

 何でも歌うのではなく、人々に勇気や元気をもたらすような唄とおしゃべりがモットーで活動しています。

 また、弦楽器と貴族院という合成の裏には、「普段は普通の人なんだけど…」、「楽器を手にするや否や、貴族院の気骨を持った演奏者として、あたかもフランス貴族の誇りであるnoblesse oblige(高貴なものはそれゆえの責任を果たす義務をもつとの意味)…ノーブレス・オブリージュ的な気概を持って、楽器を持つ者としての音楽との関わり方に責任を持って演奏するという(あくまで理想ですから~)精神のグループでありたい」との意を込めて命名しています。

 ですから、感楽喜俗韻というのは、「巷の人々の心に潤いを与える、喜びや楽しみを感じるままに韻い伝える」というグループであればいいなあって感じの命名ルーツでしたが…。

 さて、今後どうなるかは乞うご期待って感じでしょうか…。

 余談ながら、ちなみにファンクラブの名前もありまして、その名も「見学喜俗韻」。

 お後がよろしいようで…。
 

自由に投稿してください

 投稿者:管理人  投稿日:2008年 1月10日(木)02時28分36秒
返信・引用
  この掲示板はご自由に投稿してください。(ただし不適切な内容と管理人が判断した場合は、予告無く削除させていただきます。)  

レンタル掲示板
/1