teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


「prayer」の発音にご注意

 投稿者:Masaaki Namba  投稿日:2018年 6月14日(木)18時46分20秒
返信・引用 編集済
  黒人霊歌の「It's Me, O Lord」の歌詞の中に「pray'r」=「prayer」が出てきますが、発音に注意が必要です。

「prayer」には、「祈る人」と「祈り」という2つの異なる意味があります。
①「祈る人」という場合の「prayer」の発音は[préi?r]となります。
カタカナでは「プレイア」又は「プレイヤー」のように発音すればよいでしょう。

②一方「prayer」が「祈り」という意味になる場合には、発音記号は[pré?r]となります。
すなわち「プレイヤー」ではなく「プレアー」という感じになるでしょう。

今回の歌詞の意味は「祈る必要があるのは私です、主よ。」で、②の方ですから発音は[pré?r]が正しいです。

文字化けして発音記号が正確に表示できません。“?”の部分は“e”をひっくり返したような記号です。
 
 

更新情報:次回演奏会予定

 投稿者:Masaaki Namba  投稿日:2018年 6月 7日(木)19時07分31秒
返信・引用 編集済
  『次回演奏会予定』の「第24回青葉コーラスのつどい」及び「青葉公会堂」にリンクを張り、詳細が分かるようにしました。

「メールクワイアAOBA第7回コンサート」もチラシがみられるようリンクしました。
 

更新情報:練習用音源

 投稿者:Masaaki Namba  投稿日:2018年 5月25日(金)10時47分49秒
返信・引用
  「母なるヴォルガを下りて」の音源を、Sさんから配布されたプリントに基づき修正を加えたものに変更しました。
各パートご確認の上ご利用ください。
 

団員募集

 投稿者:Masaaki Namba  投稿日:2018年 5月24日(木)09時49分32秒
返信・引用
  メールクワイアAOBAでは常時団員を募集しています。  

「われもこう」が載っている楽譜

 投稿者:Masaaki Namba  投稿日:2018年 5月 5日(土)10時33分7秒
返信・引用
  「われもこう」を一昨年演奏したときは絶版だった;

無伴奏男声合唱のための
あしたうまれる
「白いうた青いうた」より

の楽譜が 新装版として入手できます。A4判サイズとなり、とても見易いです。表紙のデザインも変更されています。

「われもこう」の他に7曲掲載されています。興味のある方はどうぞ。
A4伴 音楽之友社 ¥1,944(税込み)です。

なお、旧版 四六倍判(B5伴サイズ)も同じ価格で販売再開されています
 

更新情報:練習中の曲

 投稿者:Masaaki Namba  投稿日:2018年 5月 2日(水)13時49分17秒
返信・引用
  「練習中の曲」ページに宗先生の作品4曲を追加しました。

「Torna a Surriento」の作詞者は、楽譜には[C.Riffero]と記載されていますが[G.B. De Curtis]=[Giambattista De Curtis]=[Giovan Battista De Curtis]が正しいと思います。

詳しくは下記などをご覧ください。
http://www.opera-lirica.com/blog/opera-e-lirica-torna-a-surriento/
 

Re: 都内に“Deep River”がある!?

 投稿者:B1--TI  投稿日:2018年 4月17日(火)05時17分44秒
返信・引用
  Masaaki Nambaさんへのお返事です。

われわれが歌っている編曲とは違いますが、Deep River のイメージです。
 

都内に“Deep River”がある!?

 投稿者:Masaaki Namba  投稿日:2018年 4月12日(木)17時47分43秒
返信・引用 編集済
  黒人霊歌の“Deep River”を練習中ですが・・・都内にも同じ地名があります。

東急青葉台駅から約1時間の清澄白河駅を降りると、そこは“Deep River”即ち「深川」です。

見どころは先ず「清澄庭園」です。
この地の一部は江戸の豪商・紀伊國屋文左衛門の屋敷跡と言い伝えられています。
『あれは~紀ノ國~蜜柑船♪♪♪』の歌も練習中ですね。
岩崎弥太郎が、明治13年に「深川親睦園」として竣工。弥太郎の亡きあとも大泉水を造り、全国から取り寄せた名石を配して、明治の庭園を代表する「回遊式林泉庭園」が完成しました。現在は東京都指定の名勝「清澄庭園」となっています。
シニアはなんと入園料70円です。

「深川江戸資料館」では江戸時代の深川佐賀町の町並みを実物大に再現し、無料のガイド付きで当時の生活を垣間見ることができます。
時代劇によく出てくる「船宿」の様子もよく分かりました(男女の逢瀬の手助けの場)。入場料400円ですが見る価値は十分あります。

名物の「深川めし」を昼食に食べ、この界隈だけで30店舗以上あるカフェの一つでくつろぎ、ほぼ1日楽しめます。

今日の様な穏やかな日に“Deep river”(=深川)を散策されては如何でしょうか?

明治40年創業の和菓子屋さんでお土産に買った団子もとてもおいしかったです。
 

タンゴの歌い方

 投稿者:Masaaki Namba  投稿日:2018年 3月 8日(木)10時55分54秒
返信・引用
  タンゴ「ザルツブルクの幻想」の歌い方で迷っている方も多いのではないでしょうか。

と言うことで、YouTubeでタンゴを聴いてみました。とても懐かしい全て昔ラジオ、テレビ、で流れていた曲ばかりです。

藤沢嵐子、菅原洋一が歌っている曲がたくさんアップされていて、いまさらながら歌唱レベルの高さに驚かされます。
「ラ・クンパルシータ」「カミニート」「夜のタンゴ」「バラのタンゴ」「ジェラシー」「月下の蘭」「小さな喫茶店」等。
歌の演奏はリズムを刻む要素はほとんどなく、気持ちよく続いて行きます。

アルフレッド・ハウゼ楽団、マランド楽団の演奏も懐かしく聴きました。コンティネンタル・タンゴ「碧空」「真珠採りのタンゴ」「小さな喫茶店」他。
タンゴのリズムに乗ってストリングスのメロディーが甘く響きます。

これらの演奏をみても、タンゴの歌い方は、リズムを気持ちよく聴き身体で感じながら、歌詞の内容に沿って滑らかに歌うのが理にかなっていると思います。
以上、個人的な意見ですが。

タンゴを踊る女性のドレスが悩ましいです!
 

再び著作権に関して

 投稿者:Masaaki Namba  投稿日:2018年 2月22日(木)11時56分50秒
返信・引用
  著作権,著作者人格権,著作隣接権は,著作物を創作した時点で発生します。権利を得るための手続は,一切必要ありません。
著作権の保護期間は,原則として著作者の生存年間及びその死後50年間です。

CD、出版物そのほか著作物は慎重に扱わねばなりません。

AOBAのオフィシャルホームページではこれらを熟慮して掲載しています。
 

レンタル掲示板
/3