teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

  1. ブランドの専売店 激安bag26 (0)
  2. グッチ財布販売 [2chbag.com](0)
  3. ブランド財布激安(0)
  4. 足あと帳(0)
スレッド一覧(全4)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


Re: 2019/9/2埼玉県戸田市で飛行中にモーパラ出火

 投稿者:名無し  投稿日:2019年 9月17日(火)06時26分47秒
返信・引用 編集済
  JHF安全性委員会・補助動力委員会から

モーターパラグライダーでフライトされる方々へ注意喚起

 9月2日に、モーターパラグライダー飛行中にユニット部分から出火しエンジンが脱落する事故が発生しました。原因は追って調査する予定です。
 同様の事故が起きないように、モーターパラグライダーでフライトされる前には、下記のチェックポイントを参考に、今一度、使用されている機材の点検をお願いします。

燃料系のチェックポイント:

・燃料系パイプ等の接続部分で燃料漏れの有無、接続が確実かどうかを確認してください。

・燃料ホースには、ガソリンの使用を想定していて、経年劣化でも硬くなりにくいガソリン使用可能なシリコンチューブなどメーカー指定のものを使用してください。 ホームセンターで売られているピンク色の燃料ホースを使用されているフライヤーがいますが、このホースは灯油などに使用するものであり、 揮発性の高いガソリン用ではありません。

・燃料パイプの接続部分は確実にロックしてください。

・燃料ホースの取り回しを確認し、エンジンに直接触れる部分がないことを確認してください。エンジン付近で燃料が漏れると発火の危険性があります。ガソリンが漏れているところに、電気系のスパークがあると引火の危険性があります。

電気系のチェックポイント

・電気系を原因とする火災は、バッテリー自体の発火と、電気系のショート等によるスパークにより燃料に引火する場合に分けられます。

・バッテリーの発火の可能性に関しては鉛蓄電池が最も安全であり、次にニッカド、リフェと続きます。安全性の高い2次畜電池の利用を推奨します。リチウムポリマーの場合は、2次蓄電池の中でも最も発火リスクの高いものです。

・電動エンジンスターターを利用している場合、配線被覆の損傷はないかどうか?短絡(ショート)の危険性がないかどうかを確認すること。配線端子部分のコネクター、ハウジング周り、半田付け部分に問題がないか確認してください。

 一般に、純正でない部品の使用やユニットの改造は発火に限らずリスク要因となります。興味本位の改造や無用な改造はしないことを強く推奨します。
 
 

2019/9/2埼玉県戸田市で飛行中にモーパラ出火

 投稿者:名無し  投稿日:2019年 9月17日(火)06時22分11秒
返信・引用
  2日午後4時15分ごろ、那珂川町矢又の休耕田で埼玉県戸田市、カメラマン男性(40)のモーターパラグライダーが不時着した。男性は背中に重いやけどを負い搬送された。

 那珂川署によると同日午後3時15分ごろ、同町のモーターパラグライダー専用の発着場所を離陸し、上空を飛んでいたが、エンジントラブルで不時着した。

(栃木新聞)
 

静岡県警発表

 投稿者:名無し  投稿日:2019年 7月22日(月)15時52分33秒
返信・引用
  静岡県警発表
レジャースポーツに伴う死亡事故【牧之原署】

17日午前、牧之原市内でモーターパラグライダーで飛行中に60代男性が落下し、搬送先の病院で死亡確認されました。
 

2019/5/5 熊本県天草市でモーターパラグライダー が墜落大ケガ

 投稿者:通りすがり  投稿日:2019年 5月 6日(月)01時04分12秒
返信・引用
  5日朝、熊本県天草市でモーターパラグライダーが墜落し、操縦していた男性が足の骨を折る大ケガをした。

事故があったのは天草市の鬼池港フェリー乗り場付近。5日午前7時10分頃、モーターパラグライダーを操縦していた男性の妻から「墜落して夫が足の痛みを訴えている」と消防に通報があった。警察によると、操縦していたのは山都町に住む63歳の無職の男性で、左足の骨を折る大ケガをした。

目撃した人「急に失速する感じで、ドンという音と一緒に落ちた」

男性は10年ほど前からパラグライダーの経験があり、調べに対し、「飛び立った直後に風が弱いと思い、引き返していたときに墜落した」と話しているという。

日テレNEWS 24
http://www.news24.jp/articles/2019/05/05/07433187.html
 

トーイング

 投稿者:名無し  投稿日:2019年 4月26日(金)07時31分10秒
返信・引用
  固定したスクーターの駆動輪で直径約5ミリのナイロン製のロープを巻き上げてハンググライダーを引っ張り、浮上後に切り離して着地する練習をしていたという。切り離しに失敗したとみて調べている。  

フライト中ライン切断で墜落

 投稿者:名無し  投稿日:2019年 1月17日(木)10時22分18秒
返信・引用
  2012年9月投稿の下記の記事と同じような事故があったそうです。特にA、Bラインが切れると翼形が維持できず墜落につながります。被覆だけでなく、内部のラインもしっかり点検してください。

今回は、高高度でラインが切れ、上下左右に振り回されながら墜落したにも関わらず、運よくツリーランになり、気を失うこともなく、骨折だけで済んだそうです。

<2012年9月の記事>

> ラインをモーターに巻きつけたキャノピーでフライト中、Aライン切断で墜落。最悪は死亡。
>
> モーターに巻きつけたラインを点検する際、表面の被覆だけを見る場合が多い。 しかし、表面は良くても内部のラインが損傷していることがある。しっかり点検しなければならない。
>
> 一番良いのは、ペラに巻きついた時、すぐ取るのではなく、巻き付いたラインにナイロンテープを貼り付け、印をつけてから外すと良い。こうすれば、点検しなければならないラインが特定され、しっかり点検できる。
 

2018/11/04  エンジン始動時の事故

 投稿者:名無し  投稿日:2018年12月 8日(土)08時50分54秒
返信・引用
  セルスターター280ccのエンジンが始動時に暴走し、頭部14針も縫うけががあったそうです。
ハイパワーのエンジンほど怖いですね。
このような事故で死亡例もありました。最悪の事態にならなかったことが不幸中の幸いでした。

始動前には必ずキャブのアクセルレバーを確認しましょう!!
 

タンデムパラグライダーでカナビラ破損でパイロット死亡

 投稿者:名無し  投稿日:2018年12月 1日(土)19時41分11秒
返信・引用
  インド東部ヒマラヤ山脈とベンガル湾の間に位置する西ベンガル州で11月25日、観光タンデムフライトの最中にパラグライダーが墜落し、パイロットが死亡、観光客が足を骨折する事故が起きた。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181129-00010000-storyfulv-asia

記事では「コードが切れ」とあるが、動画のコマを見ると カナビラが破損した瞬間が見られる。
 

2018/10/14 福岡県でブルーインパルスが演技中断

 投稿者:通りすがり  投稿日:2018年10月16日(火)10時08分45秒
返信・引用
  平成30年度芦屋基地航空祭にてブルーインパルスが演技中にモーターパラグライダー が空域侵入した為ストップミッション、ホールドの後に演技再開した模様。  

2018/06/30 群馬県みなかみ町でタンデムパラが墜落・二人死亡

 投稿者:名無し  投稿日:2018年 6月30日(土)17時23分42秒
返信・引用
  30日午前、群馬県みなかみ町でパラグライダーが墜落し、乗っていた30代の男性2人が死亡しました。
 午前11時半ごろ、みなかみ町・師のパラグライダー体験施設「グラン・ボレ・パラグライダースクール」の敷地で、2人乗りのパラグライダー1機が墜落しました。
 警察などによりますと、この事故でこのスクールに勤務する東軒太一さん(34)と客としてパラグライダーを体験していた梅津友良さん(36)がおよそ30メートルの高さから落下して、病院に運ばれましたがその後、死亡しました。
 パラグライダーはパラシュートを開いて風に乗り滑空するスポーツで、東軒さんには20年ほどの経験があったということですが、梅津さんに経験はなかったということです。
 ホームページによりますと、このスクールにはインストラクターと客が2人でパラグライダーに乗るタンデムコースなど3つのコースがあるということです。警察は、墜落した経緯を詳しく調べています。
 

2018/6/24、佐賀市でモーパラが墜落・けが

 投稿者:名無し  投稿日:2018年 6月25日(月)16時43分28秒
返信・引用
  24日午後5時15分ごろ、佐賀市鍋島町森田の嘉瀬川河川敷でモーターパラグライダーが墜落し、操縦していた福岡県朝倉市の男性(61)がけがをした。一緒にいた知人が119番通報して病院に運ばれたが、意識はあるという。

 知人によると、男性のパラグライダーは地上約10メートルの高さを飛行中、横に一回転し、エンジンなどの本体部分「ユニット」と翼をつなぐひもがねじれてコントロールを失ったという。男性は背中側から地面に打ち付けられ、プロペラなどが壊れた。佐賀北署が詳しい事故の原因を調べている。
 

2018/6/17 福島県喜多方市でパラグライダー墜落・死亡

 投稿者:名無し  投稿日:2018年 6月18日(月)10時15分16秒
返信・引用
  17日午後、福島県喜多方市でパラグライダーで飛行していた磐梯町の68歳の男性が山林に墜落し、死亡しました。

17日午後0時20分ごろ、福島県喜多方市熱塩加納町でパラグライダーで飛行していた男性が山林に墜落し、およそ2時間後に地面に倒れているのがみつかりました。
男性は、磐梯町の内装業、石田幸久さん(68)で、全身を打っていて、その後死亡しました。
警察によりますと、石田さんは、午前中から、およそ1.7キロ離れた「三ノ倉スキー場」西側のパラグライダーの離陸場所から複数回飛んでいて、墜落する直前にも同じ場所から飛び立ったということです。
現場を訪れていた関係者によりますと、石田さんが飛び立った際、飛行中に体を支えるベルトをしていないのをほかの人が見たという情報があるということで、警察では関係者から話を聞くなどして事故の原因を調べています。
当時、天候は晴れで、風も強くなかったということです。
 

池田山 岐阜 事故

 投稿者:スカイジョッキー SKYJOC  投稿日:2018年 6月18日(月)05時50分9秒
返信・引用
  17日午前、岐阜県池田町で、パラグライダーが墜落し、インストラクターの男性が足の骨を折る大けがをしたほか、体験するために一緒に乗っていた女性も尻の骨を折るけがをしました。
17日午前10時半すぎ、岐阜県池田町山洞にあるグライダーの着陸場で、「パラグライダーが着陸に失敗した」と近くにいた人から警察に通報がありました。
この事故で、インストラクターの71歳の男性が右足の骨を折る大けがをしたほか、体験のため一緒に乗っていた愛知県清須市の25歳の女性も尻の骨を折るけがをしました。
警察によりますと、パラグライダーは、3キロほど離れた池田山の標高800メートル付近から飛び立ち、40分ほど飛行したあと着陸しようとしていたということで、着陸場を通り過ぎて旋回した直後、5メートルほどの高さから墜落するのを現場にいたほかのインストラクターなどが目撃していたということです。
警察は、着陸場を通り過ぎてしまいそうになり、あわててバランスを崩したとみて当時の状況を調べています。
インストラクターの男性は、グライダーの経験が35年あり、事故当時、風は穏やかだったということです。 2018・6・17NHKより

http://www3.nhk.or.jp/tokai-news/20180617/5648361.html

 

神奈川県三浦市墜落

 投稿者:目撃者  投稿日:2018年 6月 4日(月)16時46分14秒
返信・引用 編集済
  2018.6.4   14:40頃
神奈川県三浦市YMCA グローバルエコビレッジ
付近で60代男性が約5㍍高さから畑に墜落。
左肩と腰が痛いとのこと病院に搬送された。
情報が入り次第追って投稿します。
 

2018/5/12 静岡県富士宮市原の競技会でパラグライダーが墜落・死亡

 投稿者:名無し  投稿日:2018年 5月13日(日)12時07分37秒
返信・引用
  12日午後2時45分ごろ、静岡県富士宮市原で開催中のパラグライダーの競技会に出場していた東京都三鷹市、会社員池長弘善さん(66)が、ゴール地点近くで数メートルの高さから墜落した。池長さんは病院に運ばれたが、頭と腰などを強く打っており、同日夜、死亡した。

 富士宮署によると、池長さんは午前11時ごろ、富士宮市内から離陸。ゴールした後に、観客の前で旋回しながら降りる途中、木の枝にパラグライダーが引っ掛かってバランスを崩したという。

 競技会は「第15回JPAパラグライダーカップin富士山」。(共同)
 

エンジン始動時の事故映像

 投稿者:通りすがり  投稿日:2018年 4月26日(木)12時06分51秒
返信・引用 編集済
  海外のようですが、エンジン始動時の事故映像がありました。
これを見るとエンジンが暴走してしまったら、いかに余裕がないかよくわかります。
セルモーターなので、リコイルに比べて多少はキルスイッチを押す時間的余裕があったと思いますが、押せてません。

リンク
https://www.liveleak.com/view?t=a5OAN_1524246553
 

2018/03/28 奈良・かつらぎ町でパラグライダーが墜落・死亡

 投稿者:名無し  投稿日:2018年 3月30日(金)07時40分57秒
返信・引用
  28日正午ごろ、かつらぎ町宮本の山中に、奈良県大和郡山市のタクシー運転手の男性(71)が操縦するパラグライダーが墜落した。男性は搬送先の病院で死亡が確認された。

 かつらぎ署によると、男性は同町平沼田の山中から1人でパラグライダーに乗って飛び立ったが、東側へ風に流され、約10分後に墜落。いったん高さ約3メートルのところで木に引っかかり、その後地面に激突したとみられる。男性は単独飛行できるライセンスを所有していたという。
 

エンジン始動時の事故

 投稿者:名無し  投稿日:2018年 2月26日(月)07時50分1秒
返信・引用 編集済
  ついに死者が出てしまい、まことに残念です。

エンジン始動時の事故は何らかの原因(通常はアクセルワイヤーが引っ掛かっている)でフルパワー状態でかかってしまい、腕や頭をプロペラに捲込んで重傷を負うことです。

当地の近場でも これまでに数件あったので、全国的には50~100件位は発生していると推定されます。

整備中だとガードを付けるのが面倒になりますが、必ずガードを付けてください。遠心クラッチ付ならプロペラを外しても結構です。

基本はエンジン始動前に 常時、キャブのアクセルレバーがアイドリング位置にあることを必ず確認してください。

万一、始動時に暴走したら エンジンを持ちこたえるのではなく、斜め後ろ(通常は右後ろ)に投げ捨ててください。この位置に他人がいないことを確認してエンジンをかけてください。(最近のエンジンはハイパワーなので耐えるのは不可能です)

熟練者は初心者にこのようなことをしっかり教えてください。
 

整備中に事故か 53歳男性死亡

 投稿者:飛べない豚  投稿日:2018年 2月25日(日)15時32分55秒
返信・引用
  24日午後、上川の中富良野町の駐車場で男性が頭から血を流して倒れているのが見つかり、病院で手当てを受けていましたが、その後死亡しました。
近くにはエンジンがかかったままのモーターパラグライダーがあり、警察は男性がパラグライダーの整備中に誤ってプロペラに巻き込まれたとみて調べています。
24日午後2時15分ごろ、中富良野町の「森林公園キャンプ場」の駐車場で、男性が頭から血を流して倒れているのを近くを通りかかった男性が見つけました。
倒れていたのは近くに住む岡見智さん(53歳)で、病院で手当てを受けていましたが、その後死亡しました。
警察によりますと、岡見さんの近くにはモーターパラグライダーがあり、エンジンが動いたままの状態だったということです。
また、男性から10メートルほど離れたところにはモーターパラグライダーの樹脂製のプロペラが一部、壊れた状態で落ちていたということです。
警察は岡見さんが公園の駐車場でパラグライダーの整備をしていた際、誤ってプロペラに巻き込まれたとみて調べています。
 

パラグライダー墜落 客の女子大学生らけが

 投稿者:飛ばない豚  投稿日:2017年 8月24日(木)03時12分20秒
返信・引用
   23日昼前、神奈川・茅ヶ崎市の海岸でモーターパラグライダーが墜落し、乗っていた男性と女子大学生がけがをした。

 警察によると23日昼前、神奈川・茅ヶ崎市で、東京・青梅市の鈴木進さん(61)と女子大学生(19)が乗るモーターパラグライダーが海岸沿いを飛んでいたところ、25メートルの高さから突然、砂浜に墜落した。2人は大腿骨(だいたいこつ)骨折の疑いがあり、病院に運ばれたが、命に別条はないという。

 パラグライダーを操縦していた鈴木さんはインターネットで客を募っており、女子大学生はホームページから申し込んで参加していたという。

 事故の前に一度飛んだところエンジントラブルがあり、引き返して新しいものに付け替えた直後の事故だということで、警察が詳しい原因を調べている。

https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/nnn?a=20170823-00000086-nnn-soci

 

レンタル掲示板
/10